« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005.06.29

ミュージック・バトン

ぶんさんから頂いた、ミュージック・バトン。

なんだかんだで忙しくしているうちに、
斧だ!広尾酒店さんや青空の扉さんからもまわってきたりで・・
よーやく書けました。

Q1、コンピューターに入っている音楽ファイルの容量

おおむね、3.4GBくらい。 手持ちのCDの一部をデータでいれている。
ただし浜田省吾の曲は全部入っている!

Q2、今聞いている曲

「光と影の季節」 浜田省吾  約2年ぶりの新曲だった。 まさに長い時を超え
ライブで再会できるよろこびに満ちているような歌。 

Q3、最後に買ったCD

「I am a father」 浜田省吾  最新シングル曲。 いまの時代にするどく切り
込みながら、あったかく元気のでる曲。

Q4、良く聞く、または特別な思い入れのある5曲

むむむ。 非常に厳選がむつかしいですね・・  曲それぞれには、いろん
な思い出があったりするわけで・・  ただ、どちらかというと楽しいより悲し
い思い出が、より記憶されてますねー

  「君に捧げる love song」  浜田省吾
  「家路」
  「日はまた昇る」
  「愛の世代の前に」 
  「いつわりの日々」
  「そして僕は途方に暮れる」 大澤誉志幸
  「Bad City」 SHOGUN
  「希望の轍」 Southern All Stars
  「松田の子守唄」
  「空も飛べるはず」 SPITZ
  「島唄」  THE BOOM
  「旅立ち」 松山千春
  「大空と大地の中で」
  「季節の中で」
  「落陽」 吉田拓郎
  「友あり」
  「SUMMER/WINTER」 George Winston
  「浪漫飛行」 KOME KOME CLUB
  「君がいるだけで」
  「YES-YES-YES」  オフコース
  「キラキラ」  小田和正
  「青空」 THE BLUE HEARTS
  「かたちあるもの」 柴咲コウ
  「ハナミズキ」  一青窈
  「Jupiter」  平原綾香
  「夏の終わりのハーモニー」 井上陽水、安全地帯
  「青葉城恋唄」  さとう宗幸
  「心の旅」  チューリップ 
  「岬めぐり」  山本コウタロー&ウィークエンド
  「襟裳岬」  吉田拓郎/森進一
  「雨上がりの夜空に」 RCサクセション
  「17歳の地図」  尾崎豊
  「シェリー」
  「15の夜」
  「野生のマーガレット」  白井貴子
  「輝きは草原の中に」
  「ガラスの天井」
  「三国駅」  aiko
  「やさしくなりたい」  永井真理子
  「ZUTTO」
  

などなど、どれも想い出深い曲ばかりです。 (^^;
が、これだとまとまりがないので・・・

1. 浜田省吾

なにはともあれ、はずせないですねー
ほぼ全曲に想い出とゆうか、なにか思い浮かびます。
あえて選ぶなら・・ アルバム「Sand Castle」でしょうか。
初めて買ったCDでもあります。
全編がラブソングなのですが、悲しいような寂しい曲が多いのですが、
なぜか落ち込んだり弱っているときに、必ず聞きますねぇー
聞いているうちに、なんだかなごんだ気持ちになっていきます。
毎日は聞かないですが、折に触れて聞くアルバムです。
この中から、といえば・・  
「いつわりの日々」ですねー

2. 永井真理子

80-90年代に活躍した女性シンガーです。
曲はメジャーなのは元気いっぱいな曲が多いのですが、
好きなのはバラードですね。 
女性からのやさしい気持ちのメロディが、なんともいえません。
「やさしくなりたい」が、とりあえず代表ということで。

3. 松山千春

北海道をイメージするとき、必ず思い浮かびます。
自分の旅の原点であり、転換点でもあり、思い出の地でもあるところで、
そのとき必ず、松山千春の歌とともにあります。
「旅立ち」  「大空と大地の中で」も捨てがたいのですが、
旅の途中でよく歌った1曲です。

4. 白井貴子

高校や予備校に行っているときによく聞いていました。
当時、なにげに好きだった人から薦められたアルバム「Bob」で、
ちょっと聞いていたのが、すっごい好きになりました。
将来について思い悩んでいる時期に、勇気付けられたりしました。
「野生のマーガレット」  こんなふうに生きていくかーなんて
考えてました。

5. すごく悲しかったときに聞いた曲たち。

もう2年になろうとしていますが、こころのなかはだいぶ平穏に
なったようなかんじでしょうか。
身体的には、あちこち出かけたり遊んだりとかなり活発にしてます。
最初はなんかしてないと耐えられないかんじだったから、
かなり積め込んでたりもしたけど、最近はすべてに積極的にやろうと思ってきて、
楽しさも加わり、少々無茶もしつつやってますね。
これまでの中で、いろんな人たちに助けられてここまでやってこれたのですが、
悲しいときに、この1曲に助けられたってゆうのが結構ありました。

「君に捧げる love song」  浜田省吾
まさに亡くなった時に出た、待望の新曲でした。
歌詞の内容も、いまはいない妻に対するようなもので、ほんとにタイムリーでした。
が、悲しいだけでなく、前を向いて生きていくとゆう意味もこめられていて、
その当時は泣きながら毎日聞いては、仕事にいってました。

「かたちあるもの」 柴咲コウ
TV版「世界の中心で愛を叫ぶ」の主題歌です。
小説は知ってましたが、なんだか読むのがずっとこわかったので
TVが最初でした。 少しづつとゆう感じで見ていけるので
だんだんとハマっていきました。
この歌詞、曲、歌にはどれだけ救われたかわかりません。
泣きながら、こんなふうに生きてゆけたら、と
思い、考え、自分を奮いたたせて聞いてました。

「Jupiter」  平原綾香
最初に聞いたときは、驚きと共にボロボロ泣けてきました。
この歌の世界観に触れたとき、感動と共に後悔がやってきました。
もっとはやくこの曲を聞きたかった。もっとはやく出会えてればよかったと。
自分にできなかったすべてのことに対して、泣けてきました。

  


Q5、バトンをお渡しする5名さま

けっこうバトンがまわっているようで、かぶってたらごめんなさい。

ガンポー岩方さん
http://blog.livedoor.jp/kawaumi/

KENちゃん
http://kentucky023.cocolog-nifty.com/kenbou/

SOICHIROさん
http://www.ne.jp/asahi/brand-new/wind/

BAPさん
http://www.ne.jp/asahi/brand-new/wind/

うぉりさん
http://shonan.tea-nifty.com/

以上、お忙しいとは思いますが、ぜひともこちらの方々が
日々どんな曲を聴かれているのか非常に興味がありますので、
できましたら、よろしくお願い致します。

長文乱文、失礼しました−−

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005.06.28

新生・全日本女子バレーボール

梅雨時の先週くらいから、公私ともに忙しく、
行事、イベント、など目白押しで、なんとかこなすのが精一杯で
寝不足も慢性化してブログ更新が滞ってました・・・

とりあえず、いま自分でいちばんホットなできごとを・・

またしても、WGPバレーがやってきましたねー 全日本女子バレーですね!  
世界の強豪との試合が、編集がありつつも、おおよそ地上波で見れるとゆう、嬉しい時期に。

前回にも増して楽しみにしていた今回ですが、
あえて言わせていただくなら、サッカーと同じく、レベルアップしているのだから。
それゆえアテネの予選リーグ初戦で完敗したブラジル相手に勝たなくてはいけなかった。
勝てる試合だった・・ やはり勝たなくてはより一層のレベルアップは望めないし・・・  
最終セットのデュースでの大友のサーブミスが痛かったなー 攻めのサーブでかつ入れていかなくては、の場面だった。
個人個人はレベルアップして今回は成績が望めるとおもう。
全体的にサーブレシーブが向上して穴がなくなりつつある。
特に菅山のような打って守れる選手はとくにおおきい。
これでシン(高橋みゆき)との対角はばっちり。

リベロの「THE ガッツ」の桜井ちゃんがほんとにいいレシーブをしてたのが
いいテンポでの攻撃のパターンになっていたのが、よかった。

ライトの大友もパワフルさがましてきた。 それはセンターのお杉にもいえるかな。 宝来ともいいかんじである。
が、あえていうならブラジル戦の宝来のブロックはいまひとつだった。いままでとは段違いにいいパフォーマンスだったが(特に韓国戦)、ブラジル戦でこそいいブロックが決まると、相手の攻撃の幅を狭めることができるだろうし。

柳本監督の言う「変化とスピード」は日本にあった戦術だと思うなー
そのうえで、メグ・カナのような大砲がリザーブにはいれればいうことないのだが、お二人はもっとレシーブできればねー
そういう意味では初戦の先発だった、吉沢ちえちゃんはとても器用で上手いと思うな。 シンのような選手に成長してくれれば、ちょっと先が楽しみな選手だね。
これだけ多彩なアタッカーがいると、TENちゃんはなんだか楽しそうでさえあるかな。
それだからこそ、バックからも前でも豪快に打てる真のエースの成長が待ち遠しい。
もうそんなに北京までの時間はないと思う。
希望的には大山加奈ちゃんか狩野ちゃんあたりの成長かレオの進化を見たい。

今回の新生日本ではTENちゃんが主将だが、シンもいいリードをしていて
新体制も上々のかんじかな。  
ともかく、今回のWGPはかなり楽しみである。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005.06.16

プーラン内地会in駒沢公園

さる6月5日、駒沢公園で小笠原のプーランビレッジの内地会にいってきた。

当日は心配されていた雨も、良さんパワーなのか降らずに、いい天気だった。
公園の一角に陣取り、すでに20人近くのひとが集まった。

p6050001-low


p6050002-low

木陰で、万象くんもごきげんです。

p6050004-low

もう、お昼なのだが良さんが、せっかく集まったのだから、なにかをしてお腹を空かせてから
ごはんを食べよう、ということとなり、話し合いの結果、
2チームにわかれて大縄跳びとなった。
日頃縄跳びなんてしてないので、なにげに不安だが・・・


p6050009-low

なにげにできるもんである。 しかし、連続はかなりきっつい。


p6050010-low

かなり遊んだ後、よーやくお昼ごはんに。
みんなの持ち寄りの1品が、すんごい豪華! それにこの量! おそるべしプーランパワー

p6050020-low


その後はお酒も入り、歓談モード。
こないだプーランであった人、久しぶりの人、初めての人、 うーーん話がつきないっ!
恒例の自己紹介などをはさみつつ、陽射しが強まってきた午後がゆるやかにすぎてゆく。

と、またしても遊びの時間です。
ピエールさん持参の「ツイスター」とゆうゲーム。
ルーレット指示された色と手か足を、その指示されたマスへ置いていゆくルール。
置けなかったり、倒れたりしたら、負けとゆう、身体にきつそうなゲームだなー

p6050032-low

ひろちゃん(食神) VS チカちゃん   かなりの激戦もアクロバチックな体術でチカちゃんの勝利!


p6050058-low


良さん VS ひかるくん   両者、対戦前からかなりヒートアップ。 開始からマジモードで大バトル。 

p6050061-low

作戦や体術の応酬のすえ、僅差でひかるくんの勝利!!

その後、日も傾いてきたので、いったん中締め。
まだ飲む人、帰る人、話す人、遊ぶ人など、いろいろ。

p6050069-low

こどもたちは、まだまだ元気!

まんちゃんも元気にお散歩。


manchan


p6050074-low

その後、暗くなるまで三角ベース野球をして、お開きとなりました。
みなさん、おつかれさまーー
また、遊びましょうーーーーーー  ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

梅雨

P6100112-low

いよいよ梅雨本番です・・


なにげに仕事がはかどりません・・


スケジュールが押せ押せです・・・

P6100110-low

    雨に打たれる現場作業が待ってます・・

       それでもできるくらいなら、いいのですが・・

             いろんな事件も起きてきます・・・

P6100109-low


 でも雨の日は普段とちがう景色が見れます。

 水も滴る、いいおんな。 なかんじです。

 なんだか街も静かですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.10

ふたたび小千谷へ

久しぶりに連休がとれたんで、
中越の元気村へいってきます。
情報では、もうすっかり雪がなくなっていて
雪掘りをしていたあの当時の面影はまったくないとのこと。

これからの復興本番。
ちょろっと手伝ってきます。

山や田畑、そして人たちの暮らしは・・
気になることばかりです。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

トリプルピンク!!!

先日、ピンクの花を2コつけたサボテンだが、
仕事から帰ってきたら、萎れてなくて、


p6060017-low


もうひとつのつぼみが膨らんできた! もしやこのままいったら・・・


p6060018-low


おぉぉー花が開いてきたーーー !Σ(◎o◎;)

p6060019-low

咲き出したーー わーーーーー

p6060021-low


ほらほらほらーーー 咲いたよー ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

p6070023-low


2+1やけど、ひと鉢でみっつのサボテンの花が咲きました。

p6070036-low


しかし、一晩たったら、だんだんと萎れてきました。
花房受けつくってあげたらよかったね・・
一夜で三つの花。 かなり豪華な夜でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.06.08

「I am a father」 発売!!

まちに待ってた新曲、「I am a farher」 が、本日発売!!

手元にはまだないけど、はやく聴きたいぃ!!
まだの人はこちらより。


今の時代に投げかける、我らが浜田省吾のメッセージ。

なにをかんじ、なにを想うか。 そして、なにをすべきかを。


s8_0601

浜田省吾公式ブログがYAHOOジオログにて展開中。

本人の文体がFCの回報と同じく感じられて、すごいうれしーー

浜田省吾ブログはここから

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.06.06

梅雨の気配

ajisai01


いよいよ梅雨のシーズンが近づいてきたことを
朝、庭先で知った。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

はっくしょーーーーん

P6060105-low


いまの季節、くしゃみと鼻水。
たまりませんなぁ・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.06.05

(予告)プーラン内地会in駒沢公園

p6050001-low


とりあえず予告です。

あーーたのしかったー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ピンクのW

p6050081-low


プーランの内地会から帰ってきたら、
咲いてましたよー でかいピンクのが二つも!
すごいすごい。 PAN!( ^-^)∠※.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★
どうやら、まるーーいタイプではなく、
細長い電球型のやつがピンクの花みたい。
ほんとうに、おつかれさん。


p6050082-low

| | コメント (4) | トラックバック (0)

また咲いたーー

p6040004-low


今年、三回目のサボテンの花が咲いたーー  d(-_^)Good!!
この孫サボテンくん、ふたつめやでーすごいわ。 まだ小さいのになぁ。

またまた一晩の生命でした・・

つぎはピンクが来そうです。


tugi-tubomi01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.06.03

ゾルキー作例  夕景

FL000015-01


夕方の公園にて
空のかんじがわりとむつかしい。
夕日自体はあんまりだし・・  露出かな・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

W開花!!

Wkaika02


帰ってきたら、咲いてたよー! しかも2個も。
雨よけに軒先に入れておいてよかったーー

こないだのより、ちょっと小振りかな。


Wkaika01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

開花近し

tubomi02


つぼみがだいぶ伸びてふくらんできた!
今夜には咲くかもねーー

tubomi01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.02

劇と支援のPR

みなさん、こんばんわー

たまには気分をかえて観劇などいかがでしょうか?
友人のかかわっている劇が下記の日時で開催されます。

日時 6月22日(水) 18:00会場、19:00開演
場所 藤沢市民会館小ホール
チケット 前売り大人3200円、中高生2000円(共に当日券は300円増し)

まあ、平日のため藤沢近辺の方でないと来づらいとは思いますが、
お知り合いのいる方は是非声掛けにも協力して下さい。

ざっとあらすじです。

ミツコは日系ブラジル人3世。ミツコの祖母はブラジルに旅立つ前に、再会を誓い合ってみんなで飲んだ湧き水をもう一度飲みたいと言って息を引き取った。

人間が山や森や水に囲まれて暮らしているという「日本」の話を幼い頃から聞いて育ったミツコは、祖母の果たせなかった湧き水を探すため祖母のふるさと「日本」に旅に出る。ミツコがたどり着いたのは、15年前に廃村になってしまった山間の小さな集落。

一方、廃村を機に息子と同居を始めた初老の山中三郎は山での生活があきらめきれず、何度となく山に戻り、家族に内緒で一人で暮らす為の準備を続けていた。
水を探し求め山に入ったミツコは三郎と出会う。ミツコが口ずさむおばあちゃんから教わった歌は、三郎の幼い頃の記憶を呼び覚ました。三郎の過去とミツコの祖母の過去がいつの間にか、重なり合う。

大切な約束の水を探しながら、すれ違っていた家族の絆も、思いがけない形でよみがえっていく・・・・・」

以上、ガンポー@湘南さんの記事より抜粋しました。


そして、この劇のときにロビーをお借りして、中越元気村の活動をPRさせていただきます。
元気村がどんな活動をしているか知りたい方、ぜひ観劇の後にお越しください。
観劇して山の暮らしに想いを馳せ、小千谷の現状に改めて目を向けていただけませんか?
まだまだ中越には、みなさんの暖かい援助の手を必要としています。
あなたの大切なひとに伝えるだけでも、支援となります。
ぜひ、御協力お願い致します。

                       文責 荒井太一

参考HP

この記事の元記事


中越元気村


NPO 現代座「約束の水」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二十三夜の夕景

kawanoyuuhi01

しばらくこんな風景とも、おさらばかな・・


現場終わりかけで梅雨入りかも・・


たまりませんなぁー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.01

大輪なるか

P6010050-low


サボテンの花のつぼみが、またまたふくらんできた。
うまくいけば5個くらい同時に咲きそう! 
おぉぉ。 新記録かも。
ピンクの花もまじってるみたいだなぁ。
楽しみ楽しみ。 (*^ ^*)


P6010051-low

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »